GEEPS

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【惑わされるな】《徹底解説》iPhone7は防水・耐水?

f:id:ytako:20160917111705j:plain

iPhone7は防水(耐水)です。

 

iPhone7はiPhone市場で初めて防水性能を搭載しました。しかし、これに関して「iPhoneは『耐水』だから期待するな」みたいなことを言っている人が増えてきました。防水って言ってたのに何なの?耐水と防水って何が違んだよ!って思う方も多い音もいます。

そこで、今回はiPhone7の「防水仕様」について詳しく説明していきたいと思います!

要点だけを知りたい方はこちら

 

そもそもなんでこんなに混乱することになったのか

Appleは基調講演の際、iPhoneの3つ目の特徴として「Water and dust resistant」を発表しました。同じくApple Watch series 2は「Water proof」と言われました。一般的には前者は耐水、後者は防水と呼ばれています。

なのでiPhone7は耐水ということになるのです。

ん?じゃあ耐水じゃんって話になるのですが、実はそうはいかないのです。

 

そもそも耐水って何じゃい

今回のiPhone7は「IP67等級に適合している」と公式で言われています。

じゃあそのIP67が何かという話になります。このIPというのは「防水に対する保護等級」ということ。2桁の数のうち、左は防塵性能に関して、右は防水性能に関しての等級を表しています。ん?なんかおかしいと思いましたか?そのことに関しては後ほど説明します。IPの等級については以下の通りに定められています。

 

-表1-

f:id:ytako:20160917102650j:plain

この2つの表のうち、左が防塵性能右が防水性能についての等級を表しています。

 

-表2・3(旧規定)-

【防塵性能(外来固形物に対する保護等級)】

f:id:ytako:20160917103605j:plain

【防水性能(水の侵入に対する保護等級)】

f:id:ytako:20160917103616j:plain

 

表1に照らし合わせると、iPhone7はIP67なので、「完全防塵で規定の圧力・時間で水に沈めても大丈夫」ってことになります。でも、表1にはどこにも「耐水」などと書かれていません。では、なぜ耐水と呼ぶ人がいるのかというと、その原因は表2・3にあります。

この表2・3というのは表1の前の旧規定で、この旧規定のIPX6欄(Xには防塵性能の等級が入る)には「耐水形」という表記があります。それを踏まえてiPhone7の話に戻ると、iPhone7はIPX7なのでこの「耐水性(=IPX6)」はクリアしているということになるのです。なので「iPhone7は耐水じゃ!」と言い出す人が出でくるというわけです(なんで誰も「iPhone7は防浸性」っていわないんだ)。その人たちに言わせてみればたぶんIPX8を「防水」というのだと思うのですが、それは間違っています。だってIPX6もIPX7も「防水」なのですから。

 

じゃあ防水って何じゃい

耐水だの防水だの言ってますが、結局耐水はなにで防水はなんなのかということになりますね。

先程言った通り、IPの左側の数字は「防塵性能」、右側の数字は「防水性能」を示すものです。なので、「IP〇〇」という表記のあるものは数字が何であれ「防塵防水」なのです。

図にするとわかりやすいです。

f:id:ytako:20160917105934p:plain

iPhone7 は上の図の緑のところです。

 

まとめ

f:id:ytako:20160917111532p:plain

  • IP規格(防塵防水保護等級)に基づいている製品はすべて防塵防水
  • iPhone7はIP67なので、「完全防塵」かつ「水深1mに30分沈めても大丈夫な防水」である。
  • 「耐水」というのは「防水性能」のなかの1種類である。

 

おわかりいただけましたか?

曖昧な情報に惑わされずにiPhone7の防水性能を楽しんでいただけると幸いです。

 

おまけ

Appleは公式HPで以下のように注意書きを書いています。

 

防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。

でも、これらの注意はどの防水スマートフォンにも言われていることです。有名どころでいうとXperiaシリーズ(IP58)も防水に関しては色々と言われています。

防水性能というのは時間が経つと自然と劣化するものです。バッテリーでさえも劣化するのですから不自然なことではありませんね。また、水濡れの保証がないのも当たり前です。そんなのユーザーの使い方次第でいくらでも水没させることは可能ですからね。

また、防水スマホどんな機種でも水中・温水・海中での使用の保証はないです。

なので、くれぐれも防水だからといって水中で使わないでくださいね。

それはiPhone7にもXperiaにも言えることです。

 

source:IP規格・防水保護構造及び保護等級,電気機械器具の外郭による保護等級,

iPhone 7 - Apple(日本),iPhone 7 - Apple(米国)

 

広告を非表示にする